電子書籍のメリット、デメリットを解説。おすすめ電子書籍アプリを紹介。

スマホ

電子書籍って実際のところどうなんだろう

電子書籍アプリはどれを選べばいいんだろう

そんな悩みを解決します。


この記事では、

  • 電子書籍のメリット、デメリット
  • おすすめの電子書籍アプリ

について解説します。


電子書籍のメリット

私は実際に電子書籍を利用しているのですが、そこで感じたメリットを紹介したいと思います。


かさばらない

電子書籍ならたくさん本を買っても場所をとることはありません。

また、手軽に持ち運ぶことができるので、外出先で読みたい本を選ぶことができます。

本棚を持ち歩いているみたいな感じですね。(笑)


すぐに買って読むことができる

紙書籍は、書店に買いに行かなければいけなかったり、ネットで注文しても届くまで時間がかかります。

しかし電子書籍は、ボタン1つですぐに購入することができます。

たとえ深夜だとしても、読みたい本があったらすぐに読むことができます。


暗いところでも読める

目には悪いかもしれませんが、暗い部屋でも読めます。

紙書籍だと暗い部屋では文字が全く見えませんが、電子書籍はその心配はいりません。


在庫が切れない

電子書籍は在庫切れを心配する必要がありません。

最近でいうと、『鬼滅の刃』の在庫切れが続出したそうですが、電子書籍ならその心配はいりません。

発売日前日から本屋に並ばなくてもいいのです。(笑)


電子書籍のデメリット

私は使っていてデメリットは感じませんでしたが、いくつかあげておきます。


パラパラめくることができない

電子書籍はスクロールして読み進めていくので、パラパラめくることはできません。

パラパラめくってこそ本だ!という方は紙書籍で読むべきでしょう。


インパクトがない

本が本棚にずらーっと並んでいるとインパクトがありますよね。

電子書籍は、かさばらないのがメリットですが、人によってはデメリットにもなりうるということです。

コレクションをしたい人には電子書籍は向いていません。


バッテリーが切れるとなにも読めない

バッテリーが切れてしまうと読めなくなってしまうというのが大きなデメリットかと思います。

紙書籍ならその心配はいりません。

ただ、私の場合はバッテリーが切れたことはないです。

モバイルバッテリーを持ち運んだり、使っていないときに充電すれば問題なしです。


貸したり、売ったりすることができない

貸したり、売ったりするには、タブレットごとになってしまいます。

私は貸す、売るということがないので気にしていません。

貸す予定、売る予定のない人は気にしなくて大丈夫です。


おすすめ電子書籍アプリはAmazon Kindle

私がおすすめする電子書籍アプリは Amazon Kindle です。

おすすめする理由を解説します。


Kindle Unlimited で対象作品が読み放題

月額980円で対象作品が読み放題です。

本は、1冊1,000円台くらいのことが多いので、簡単に元が取れます。

とりあえず試し読み、という使い方もあります。


ポイントが貯まる、使える

Amazonポイントを貯めることができます。

本を買って貯めたポイントを使って、Amazonで買い物ができます。

その逆もしかり、貯めたAmazonポイントで本の購入もできます。


セールで安く買える

セールを利用すれば、本を安く買うことができます。

日替わりセールもやっています。


Amazon KindleをAndroidで利用したい方はこちら

まとめ


ご覧いただきありがとうございます。


読書は私たちの人生を豊かにしてくれます。

読書習慣のない人は紙書籍より電子書籍のほうが読みやすいと思います。

スマホをいじる感覚で、読書をしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました