本を読みたいのに読めない人必見。本を読めるようになる方法。

読書

本を読みたいけどなかなか読めない。


そのような悩みを解決します。


この記事では、

  • 本を読むべき理由
  • 本が読めない原因
  • 本を読めるようになる方法

を解説します。


本を読むべき理由


まずはじめに本を読むべき理由を解説していきます。

本を読む理由がわかると、本を読む目的ができるので読みやすくなると思います。


知識を得る


本は知識を得るために読みます。

ビジネス、投資、料理など、あなたが学びたいことを本は教えてくれます。

ビジネス書でなくても構いません。


小説は語彙力が身につきます。

ストーリーに病気の話が出てくるならその病気に関する知識が身につきますし、登場人物の趣味が釣りなら釣りの知識が身につくかもしれません。


このように、本を読むことでたくさんの知識を得ることができます。


読書は楽しい


本を読むことで知識を得ることができると言いましたが、無理に学びにつなげる必要はありません。

読書を楽しむことができたならそれでいいのです。


小説を読んでストーリーを楽しむ、自伝を読んでその人の人生に触れる、本を読んで学ぶことが楽しくなってくる。

楽しみ方は人それぞれです。

まずは、読んでみるところから始めましょう。


本が読めない原因


実際、わたしも読書をまったくしない人でした。

年に1冊読むかどうかというレベルです。

そんなわたしが考える本を読めない理由を挙げていきます。


活字が苦手


マンガは読めるのに本は読めないという人は多いと思います。

そのような人は、おそらく活字に苦手意識を持っているのだと思います。

文字がたくさん書いてあって読む気が失せると思っているでしょう。


しかしそのような人も、Twitterの文字は読めると思います。

ネットニュースをみる人もいるでしょう。

そう考えると、活字を読むことはそんなにハードルが高いことではないのです。


何を読めばいいかわからない


本屋に行っても、本が多すぎてどれを読めばいいかわからないという人もいると思います。

また、本を買って失敗したくないという人もいるでしょう。

買い方は自由ですが、買い方がわからない人にいくつかの買い方を紹介します。


1つ目は、「おすすめされている本を買う」です。

インターネットやSNSで調べてもいいですし、書店員のおすすめでも構いません。

誰かがおすすめしているので、失敗しにくい本の選び方だと思います。


2つ目は、「惹かれた本を買う」です。

表紙でも、タイトルでもなんでもいいです。

内容はわからなくても、なにかしら感じるものがあるのだと思います。

自分の感性で、惹かれて買っているので読書のモチベーションが上がります。


3つ目は、「話題になっている本や賞をとった本を買う」です。

これも失敗しにくい本の選び方だと思います。

賞をとった本、ベストセラーの本、映画化された本を買うのもアリです。

もうすでに評価されているのでおもしろい本学びになる本が多いと思います。


本を買う際には、これらを参考にしてみてください。


読むのが大変


1冊読むのにすごく時間がかかるし読むのが大変だと感じるでしょう。


でも、心配しないでください。

すべて読む必要はありません。

小説ならすべて読まないと話がつながらないと思いますが、ビジネス書で学ぼうと思っているなら興味があるところだけ読めばいいのです。

読まなかった部分は、本を読むのに慣れたり、興味が湧いてきたら読めばいいのです。

もっというと、結局読まないまま終わっても大丈夫です。

とにかく、すべて読まなければないという考えを捨てましょう。


もっとラフに、気軽に読めばいいのです。


本が読めるようになる方法:電子書籍で読もう


結論からいうと、本を読めない人は電子書籍で読みましょう。


電子書籍は、スマホで本を読むことができます。

SNSをみるような気軽な気持ちで本を読めます。

移動時間、寝る前、休憩時間にSNSをみる代わりに読書しましょう。

わたしも、電子書籍にして気軽に本を読めるようにしてから本を読む量がかなり増えました。

多いときは、1日に2冊以上読みます。


また、本のレビューがあるので買う前に本の評価を確認することができます。

そして、評価をみて買おうと思ったらすぐに購入することができます。

わざわざ書店まで行く必要もなく、読みたいときに読めるのです。


電子書籍について詳しくはこちら


まとめ


ご覧いただきありがとうございます。


本を読めない人は、電子書籍を利用すると意外と読めるようになると思います。

年に1冊読むかどうかのわたしも、電子書籍を利用してから本を読むことが日課になりました。


みなさんも本を読んで、人生を豊かなものにしていきましょう。


電子書籍アプリ Amazon Kindle の詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました